• ホーム
  • 若年性更年期障害の治療や中絶回避におけるピル

若年性更年期障害の治療や中絶回避におけるピル

薬とくだもの

本来、更年期障害が起こるのは個人差はありますが閉経前後である40代頃とされているのが一般的です。
しかし、最近では20代や30代の比較的若い世代の間でも更年期の症状に悩んでいる人は少なくないとされています。
閉経前後である40代ではなくそれよりもっと若い年代で起こる更年期障害のことを若年性更年期障害と呼びます。
40代以降で発症する更年期障害と同じく、顔のほてりを感じたり汗が異常に出たり、あるいは生理周期が乱れたり出血量が安定しないなどの症状があらわれるとされています。
若年性更年期障害の原因として考えられるのは、過度なダイエットや精神的ストレスなどによってホルモンバランスが崩れることが大きな原因であり、その他にも肥満や慢性的な睡眠不足などによっても起こるとされています。
現代女性は社会進出により仕事の責任も重くなることで体にも大きな負担を抱えがちですが、それが若年性更年期障害の症状としてあらわれることがあるのです。
この治療には、漢方薬や生活改善を試みるほかにピルによる投薬治療が行われることもあります。
低用量ピルと言えば、望まない妊娠による中絶のリスクを防ぐためにも服用するのが望ましいと言えますが、ホルモンバランスを安定させたり女性特有の体の不調にも効果的であるため、色々な場面で処方されることが多いとされています。
その他にも、継続的に服用することで子宮体がんや卵巣がんなどの発生リスクも軽減する作用があるとも言われています。
女性の体は女性ホルモンに大きく左右されるために、乱れたりすることによって直接影響しやすいと言えます。
また、レイプや性的DVなどから自分を守り中絶による体や心のリスクを負わないためにも、ピルを服用するのは必要性が高いと言えるでしょう。

関連記事