• ホーム
  • 若年性更年期障害の改善にピルと豆乳どちらが良い?

若年性更年期障害の改善にピルと豆乳どちらが良い?

年齢を重ねると卵巣から分泌されるホルモンの量が減少してきます。
閉経が近づくにつれ徐々に減少していくことで心身に様々な影響が出ることを更年期障害と言いますが、近頃ではストレスなどが原因で閉経には程遠い年齢の人にも更年期障害の症状が出る人が居ます。
これらの症状を若年性更年期障害と呼びます。
ホルモンの分泌バランスが崩れたことが原因になっているため、そのバランスを整えることで症状は良くなっていくと言われています。
若年性更年期障害対策として豆乳が効果的だと言われています。
体内で女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをするイソフラボンが含まれているためですが、豆乳を飲んでも症状が改善しないことがあります。
これは豆乳に含まれているイソフラボンの中にも種類があり、その中の一種であるダイゼインから腸内細菌がエクオールという物質を作り出します。
このエクオールこそが体内でエストロゲンと同じ働きをしてくれます。
しかし、日本人女性の半数しかエクオールを生成することができる腸内細菌を持っていないと言われているため、豆乳を飲んでも効果がある人とない人が出てしまうのです。
豆乳を飲んでも効果がない、豆乳自体が苦手だという人はピルを服用するという方法があります。
ピルには合成された女性ホルモンが配合されているため、豆乳のようにエクオールを作れるか作れないかということは関係ありません。
直接崩れたホルモンのバランスを整えることができるため、大きな効果が期待できるのです。
ただし、若い年代の人では赤ちゃんが欲しいという人が居るかもしれません。
ピルを飲んでいる場合には排卵がストップして赤ちゃんを作ることができないので、医師と治療法を相談してみましょう。

関連記事