• ホーム
  • 卵胞の成熟を抑えるピルと避妊以外の用途について

卵胞の成熟を抑えるピルと避妊以外の用途について

笑っている女性

一般にピルと呼ばれている経口避妊薬は、婦人科などの医師に相談をすれば処方してもらえるものですが、これは避妊の用途で服用するのをはじめとして、さまざまな効果を発揮するものです。
ピルのなかに含まれているのは、卵胞ホルモン、黄体ホルモンといった、女性の身体から分泌されるホルモンと同様の作用をもつ合成物質です。
こうしたホルモンの作用によって、服用をつづけていると、卵胞の成熟が抑制されて、排卵をしなくなり、その結果、受精をするということもなくなります。
また、ふつうであれば受精卵の着床に備えて子宮内膜が増殖して厚くなってくるところ、同様にホルモンの作用によって、増殖がなくなり、たとえ受精したとしても、子宮内膜に着床して妊娠が成立するということがなくなります。
ピルがすぐれているのは、女性の身体の環境を変化させるということから、避妊に成功する確率が限りなく高いということと、単に飲むだけでよいという手軽さにあるといえるでしょう。
さらにこうした避妊用のピルは、避妊という目的以外の、別の用途にも使うことができるのです。
たとえば、仕事や学業が手に付かないほどひどい生理痛に悩んでいる人は、月経困難症と診断されますが、こうした症状を緩和させることに役立ちます。
ひどい生理痛というのは、増殖しきって役割がなくなった子宮内膜が剥がれるときの子宮の収縮が原因となっていますので、ピルの成分によって子宮内膜が厚くなることがなければ、生理痛もおこらないというしくみです。
ほかにも、生理前になるといらいらがつのるという月経前症候群の人が服用しても、ホルモンのバランスが一定することによって、症状が改善するという効果が期待できます。

関連記事