• ホーム
  • ピルに長期服用の限界はあるのか

ピルに長期服用の限界はあるのか

ピルは安全性の保証された薬ではありますが飲まなくて済むのであれば、飲まないに越したことはありません。
薬というのは人間にとっていい効果があれば薬とされますし、悪い影響が出るのであれば毒とされるものでありどちらの要素も持っているものですから使わないで済むのであればそちらのほうが良いのです。
しかし、現実的にはピルを手放すことができないという人はいるものでそのような人は長期的に使っていて問題はないのか、使用できる期間に限界が有るのではないかと心配になってしまうこともあるかもしれません。
これに関しては基本的に心配をすることはなく、短期であっても長期であってもそこまで大きくリスクがあるわけではないのです。
短期間であっても悪影響が出る時には出ますし、逆に長期間使っていても何もないということもあります。
もちろん、長期間使用を続けたほうがトラブルが起こる可能性というのは高くなりますから、長期服用をしていたほうが問題が発生する可能性は高いわけですが、取り立てて長期間服用したことによって起こるトラブルというのは少ないものとなっています。
そのため、限界の期間というのがあるわけではありませんから異常が感じられた時にすぐに服用を中止するという意識だけを持っていれば安全に使用をすることができる薬となっています。
ピルは避妊のためだけでなく、生理に関する悩みを解消するためにも使われる薬ですから必然的に長い期間使う事もありえる薬ですので、長期間使用をすることによる人体への影響というのはそれほど気にするようなものではありません。
だからといって意味もなく使い続ける必要のある薬でもありませんから、ピル購入の注意点としてピルは必要な期間だけ使うことが大切です。

関連記事